ゲームの犬

ゲームの犬

ゲーム関連情報やレビュー、考察などなど

Amazonレビュー平均得点は信用できる?ドラクエ11やスプラ2の得点は?

f:id:gamedog:20170822174701p:plain

アマゾンのレビューは参考になるが信用できるものなのか

ゲームに限らずですが、アマゾンのレビューは他サイトに比べてレビュー数が多いこともあり、購入時の参考にしている方も多いと思います。

私の場合も、アマゾンで購入するしないに関わらず、とりあえずAmazonのレビューの平均点を見て、このゲームは面白いのかなどうかなとか、見ています。

でも、アマゾンのレビューはアマゾンでの購入に関わらずレビューを投稿できることもあり、レビューの中身を見ると、内容が無かったり、ネガキャンではと思うほど不当に低評価されていると感じるようなものもあり、信用しづらい部分もあります。(逆に、不当に高評価と感じるものもあり)

評価は個人の主観ですし、レビュー数が多いので、仕方が無い面もあるのですが、自分が好きなゲームが不当だと感じる低評価をつけられていると、何か嫌な気分になるものです。

ただ、アマゾンも対策はしており、「Amazonで購入のみ」というフィルタで、信用できない評価を表示しない機能をつけています。

でも、「Amazonでの購入のみ」の場合の、レビュー平均点を見る機能はまだありません。

実際に、「フィルタ無し(全て)」「Amazonで購入のみ」「Amazon購入除く」の3パターンで、ゲームの評価がどれくらい変わっているのか、調べて見ました。

 

やはりAmazon購入を除いたら低評価

今年発売の初週50万本以上のゲームソフト「モンハンダブルクロス3DS)」「ドラクエ113DS版)」「ドラクエ11PS4版)」「スプラトゥーン2」の4本を対象に、アマゾンのレビュー評価を調べました。(2017年8月22日時点)

https://www.amazon.co.jp

 

モンハンXXのアマゾンレビュー得点は以下の通りです。

 

モンスターハンターダブルクロス3DS)>

 

全てのレビュー
評価 人数 得点
5 152 760
4 97 388
3 97 291
2 121 242
1 373 373
- 840 2054

平均2.4点

 

Amazonで購入
評価 人数 得点
5 73 365
4 38 152
3 26 78
2 31 62
1 61 61
- 229 718

平均3.1点

  

Amazonで購入除く
評価 人数 得点
5 79 395
4 59 236
3 71 213
2 90 180
1 312 312
- 611 1336

平均2.2点

 

モンハンXX(3DS)は、アマゾンのレビュー得点は、全てだと平均2.4点ですが、アマゾンで購入のみに絞ると平均3.1点に上がります。(それでも高い数字ではありませんが)

アマゾンで購入を除くと、平均2.2点と、アマゾンでの購入有無でのレビュー得点の差が0.9点もあります。

ここまで、差があると、ネガキャンというか、あまり信用できないレビューが多く投稿されているのではと疑います。

 

ドラクエ113DS版)のレビュー得点は、「全て:平均4.1点」「Amazonで購入のみ:4.3点」「Amazon購入除く:3.9点」でした。

アマゾンでの購入有無でのレビュー得点差は、0.4点です。

 

ドラクエ11PS4版)のレビュー得点は、「全て:平均4.1点」「Amazonで購入のみ:4.2点」「Amazon購入除く:4.1点」でした。

アマゾンでの購入有無でのレビュー得点差は、0.1点です。

 

スプラ2(Switch)のレビュー得点は、「全て:平均3.3点」「Amazonで購入のみ:3.6点」「Amazon購入除く:3.2点」でした。

アマゾンでの購入有無でのレビュー得点差は、0.4点です。

 

PS4ドラクエ11はレビュー得点差がほとんどありませんが、3DSドラクエ11とスプラ2は、アマゾンでの購入有無の得点差が0.4点と、モンハンXXほどではありませんが、やはり、アマゾン購入無しの得点が低くなっています。

 

アマゾンでは、購入者以外のレビュー投稿数を制限するなど、年々、対策を進めているようですが、まだまだ、レビューは、あくまでも参考として、評価点を鵜呑みにしてはいけないと感じました。

 

 

モンスターハンターダブルクロス - 3DS
カプコン (2017-03-18)
売り上げランキング: 39
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
任天堂 (2017-07-21)
売り上げランキング: 7

モンハンダブルクロスSwitch版の売上はかなり厳しい?予想!

f:id:gamedog:20170821191923j:plain

モンハンダブルクロス スイッチ版の初週売上を予想!

今週8月25日に「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」(モンハンXXスイッチ版)が発売されます。

任天堂スイッチ初のモンハンタイトルとして注目されていますが、どれくらいの売上が予想されるのでしょうか。

モンハンはカプコンから発売の定番の大ヒットシリーズなので、売上にも期待したいところですが、今回のSwitch版は、HDグラフィックスで画面が綺麗になる以外、特に追加要素のない移植版のため、実際は、あまり売上は多くないと予想されます。

また、モンハンは新作モンスターハンターワールドが来年PS4で発売(海外では、XBOXONE、PCでも発売)が発表されたこともあり、モンハンXXスイッチ版の話題は盛り上がっていない印象です。

 

過去も移植作の売上は多くない

過去のモンハンシリーズ移植作も移植前作から大きく売上は落としています。

移植なので、開発費も多くかかっていないと思われ、売上を落としても問題ないのかもしれません。

売上の成功ラインがどれくらいなのかは分かりませんが、少なくとも過去の移植作と同じくらいの売上はモンハンXXスイッチ版でも達成したいところでしょう。

 

  • モンハンP3rd(PSP) 初週195万本 累計450万本
  • モンハンP3rd(PS3) 初週29万本 累計44万本

PSPで発売のモンハンポータブル3rdは2010年12月発売、8ヶ月後の2011年8月にモンハンポータブル3rdHDがPS3で発売されています。

モンハンP3rdHD(PS3)の初週売上は、モンハンP3rd(PSP)の約15%でした。

 

  • モンハン3G(3DS)  初週52万本 累計159万本
  • モンハン3GHD(Wiiu) 初週10万本 累計22万本

3DSで発売のモンハン3Gは2011年12月発売、ちょうど1年後の2012年12月にモンハン3GHDがWiiuで発売されています。

モンハン3GHD(Wiiu)の初週売上は、モンハン3G(3DS)の約20%でした。

 

モンハンXX(3DS)の初週売上は85万本だったので、過去作の初週売上の比率を参考に、スイッチ版の推計をすると、以下のようになります。

  • 85万×15%=13万本
  • 85万×20%=17万本

モンハンXXスイッチ版の初週は、15万本前後という計算結果になりました。

 

コングポイントからの予想はどうか

予約数を数値化して発表している、新潟県のゲームチェーン「コング」の数字も参考に予想してみます。

発売4日前の8月21日時点ですが、モンハンXXスイッチ版の予約ポイントは、48ptです。

モンハンXX(3DS)は1400ptはあったので、スイッチ版は3DS版の約3.5%しか予約がないことになります。

モンハンXX(3DS)の初週85万本×3.5%=約3万本と、かなり低い数字となります。

 

先月スイッチで発売の「スプラトゥーン2」の発売前日のコングポイントは933ptでした。モンハンXXスイッチ版の48ptは、スプラ2の933ptの約5%です。

スプラ2の初週65万本×5%=約3万本と、先ほどと同じく、低い数字です。

 

同梱版による売上積み上げもある

コングの予約ポイントからは、予約は多くなく、初週は厳しい予想になるのですが、モンハンXXスイッチ版には、スイッチ本体同梱版も発売されます。

スプラ2の本体同梱版よりは、数量が少ないと思われますが、モンハンの本体同梱版は予約完売状態で、これにより、モンハンXXスイッチ版の売上も積み上がると思われます。

また、不明ですが、仮に発売日以降にも本体同梱版が発売されたら、尚更、売上は上がりそうです。現在、スイッチの品薄状態は続いており、同梱版であろうがなかろうが、スイッチ本体が欲しい人は多くいると思われるからです。

 

最終的な、モンハンXXスイッチ版の初週売上予想としては、同梱版を除けば、約5万本、同梱版を入れて、10万本オーバーぐらいだと思います。

 

同梱版の数量によっては、もっと数字が上振れする可能性もあります。

また、任天堂スイッチは、本体発売から半年も経っておらず、決してソフトが充実しているわけではないので、 スイッチ版の発売を機にモンハンを始める人がいるかもしれず、売上増となるかもしれません。

モンハンXXスイッチ版が、任天堂スイッチの勢いに乗っていけるか、注目です。

 

ドラクエ11の目標販売本数は400万本!?達成可能か?

f:id:gamedog:20170807154405j:plain

ドラクエ11の目標販売本数は400万本

以前のニュース記事によると、ドラクエ11の目標販売本数について、スクエニの役員が「400万本は売りたい」と発言しています。

ゲームソフトは、一般的に100万本でヒットといわれるが、スクウェア・エニックスは「400万本は売りたい」(三宅有執行役員)と期待する。400万本はシリーズ3作目以降、毎回達成している水準で、大きく上回るというのが業界の見立てだ。

「ドラクエ11」29日発売、30年の「集大成」 プレステ・3DS向け同時発売で業界は活性化期待 - 産経ニュース

 

ドラクエシリーズのナンバリング作品の国内販売本数(リメイク作品は除く)は以下の通りです。

 

前述のニュース記事での、「400万本はシリーズ3作目以降、毎回達成している水準で、大きく上回るというのが業界の見立てだ。」という部分ですが、上の国内販売本数を見ると、400万本を突破したのは、ドラクエ7ドラクエ9だけなので、海外売上や、後に他機種で発売されたリメイク作品を含む数字なのかなと思います。

 

ドラクエ11は、今後、スイッチ版の発売や、PS4での海外版の発売も予定されているとのことなので、全て含めると、400万本は充分達成できると思います。

では、PS4版と3DS版の国内販売数の目標はどれくらいなのでしょうか。

 

ドラクエ8PS2)販売時のハード普及規模はどれくらいか

前作ドラクエ10WiiWiiu)はオンラインゲームなので、対象外として、ドラクエ8PS2)、ドラクエ9(DS)のデータより、ドラクエ11の国内目標本数を推察したいと思います。(年度が古くて、詳細なデータは無く、ざっくりとした計算になりますが。)

 

ドラクエ8PS2)発売は、PS2発売5年目の2004年でした。2004年末時点での、PS2の国内累計販売台数は、約1600万台でした。

ドラクエ8の累計販売本数は370万本なので、370/1600=23%の装着率(購入率)ということになります。

現在の PS4は発売4年目で、国内累計販売台数は約500万台です。PS4は現在の国内据置きハードの普及台数No.1ですが、PS2と比べると少なく、いかにPS2がすごいハードだったかということが分かります。

 PS4の500万台にドラクエ8の装着率23%をかけると、500×23%=115万本です。

この115万本が、販売目標の目安だと思うのですがドラクエ11PS4版は発売3週目が124万本なので、すでに達成しています。

ただ、歴代のシリーズの販売本数に比べたら、100万本オーバーぐらいでは、かなり劣ります。ドラクエ11PS4での発売を前提に先に開発されていたとのことですが、PS4だけでは、販売本数に不安があり、3DS版も追加したということでしょうか。

 

ドラクエ9(DS)発売時のハード普及規模は?

ドラクエ9(DS)発売は、DS発売6年目の2009年でした。2009年末時点での、DSの国内累計販売台数は、約2900万台でした。

これもすごい販売台数です。

ドラクエ9の累計販売本数は430万本なので、430/2900=15%の装着率(購入率)ということになります。

現在の3DSは、発売7年目で、国内累計販売台数は約2300万台です。

3DSの2300万台にドラクエ9の装着率15%をかけると、2300×15%=345万本です。

345万本は、ドラクエ9に劣りますが、歴代シリーズに見劣りしない数字といえます。

 

ドラクエ11国内400万本は可能か

ドラクエ11は2機種同時発売が話題となりましたが、仮に、最初から発売予定だったPS4だけでの発売だったら、PS4本体の更なる大幅な台数増を導いたとしても、さすがに、PS2時ほどの販売本数は不可能だったと言えるでしょう。

ただ、PS43DS以上に、今後の本体普及台数の増加も見込めますので、ドラクエ11の目標は150万本ぐらいが適当かと思います。

一方、3DSは、本体普及の勢いは明らかに落ちているので、ドラクエ11の目標は300万ぐらいでしょうか。

PS4版150万本、3DS版300万本で、合計450万本が目標といっていいと思いますが、結構きついかもしれないです。

現在のドラクエ11は、発売3週目で、PS4版124万本、3DS版157万本、合計281万本です。ダウンロード版が全体の10%強あるとしたら、販売300万本突破しているかと思います。今後の見込みは、PS4版が150万本オーバー、3DS版が250万本にどこまで近づけるか、それで2機種合計400万本行くかどうかというところでしょうか。

 

「ドラクエ11はPS4版の販売が先行」スクエニ決算で言及!3DS版でなくて?

f:id:gamedog:20170802172109j:plain

ドラクエ11PS4版の販売が先行

シリーズ初となる2機種同時発売(PS4版と3DS版)が話題となったドラクエ11ですが、先日8月4日に行われた、スクウェア・エニッックス・ホールディングス第一四半期決算説明会にて、ドラクエ11PS4版の販売が先行していると説明がありました。

7月29日発売の「ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて」については、お客様からの評判も良く、ゲームの内容も高く評価されています。ニンテンドー3DS 版に比較して PlayStation®4 版の販売が先行していますが、普及台数から考えると、今後、ニンテンドー3DS版の販売の伸長にも期待しています。 

スクウェア・エニッックス・ホールディングス第一四半期決算説明会概要資料

http://www.hd.square-enix.com/jpn/news/pdf/18q1outlineJPN.pdf

 

8月4日の説明会なので、初週販売の実績に対しての説明かと思われますが、ドラクエ11は、メディアクリエイトファミ通の週間販売本数の集計では、3DS版の方が多く売れていることになっています。(初週:3DS版113万本、PS4版95万本 2機種合計208万本 ※ゲームソフト週間販売ランキング+ - 4Gamer.net

でも「PS4版の販売が先行」の理由は何なのでしょうか。

 

考えられる理由1:PS4版はダウンロード販売が多い

前述の週間販売本数の集計は、ダウンロード版は含まず、パッケージ版(ディスク版)だけの数字です。

ダウンロード版の販売数は明確に公表されていないのですが、PS4版が多く売れている可能性があります。

3DSにもダウンロード版はあるのですが、本体容量などの面でPS4版の方がダウンロード販売の比率は高いと言われています。

 

先日のブログ記事でドラクエ11のダウンロード比率を推察したので、その数字で試算してみます。

ドラクエ11のダウンロード比率はどれくらい?高い?低い? - ゲームの犬

 

試算ではダウンロード比率は2機種合計で、11%としました。

初週の2機種合計208万本の販売本数に11%をかけると、208万×11%=23万本となります。

このダウンロード販売数23万本が全てPS4版とすると、PS4版の初週は、95万+23万=118万本となり、僅かですが、3DS版の初週113万本を上回ることになります。

 

ダウンロード販売を全てPS4版にした試算は、無理がありますが、ダウンロード版を含めたらPS4版の方が売れている可能性はあります。

 

考えられる理由2:売上高を基準にしている

スクエニの報告資料のスライドを見ると、売上高のグラフとなっており、ドラクエ11についての言及はその時になされています。

つまり、ドラクエ11PS4版の売上高が3DS版をよりも多く、「PS4版の販売が先行」と説明したのではということです。

 

定価(税抜)だと、ドラクエ11PS4版は8980円、3DS版は5980円です。

PS4版の方が3DS版より1.5倍高いです。原価や利益の比率が、PS4版と3DS版で、それぞれどれくらいかは分かりませんが、比率に極端な差がないとすれば、スクエニが説明している売上高の基準となる数字も、PS4版と3DS版の1本辺りでは、1.5倍の差があると思われます。

 

例えば、PS4版と3DS版が、同じ販売本数売れたとしても、売上高は、PS4版の方が3DS版より、1.5倍多いということになり、収益に貢献したことになります。

3DS版がPS4版と同じくらいの売上高を出すには、PS4版の1.5倍売れなければいけないということです。

PS4版の初週95万本の1.5倍は143万本となり、3DS版の初週113万本を大きく上回ることになります。

 

価格面だけで言えば、価格が安い方が多く売れるというのが、一般的だと思うのですが、ドラクエ11に関しては、PS4版が想定より多く売れているということなのかもしれません。

スクエニが「普及台数から考えると、今後、ニンテンドー3DS版の販売の伸長にも期待しています。」と 説明しているように、3DS版が今後、どのように伸びるのか注目です。

 

ドラクエ11発売3週目の売上状況は?PS4版の売上が好調?

f:id:gamedog:20170802172322j:plain

ドラクエ11発売3週目も好調な売れ行き

ドラクエ11発売3週目の売上状況は、以下の通りです。

 

DQ11 3DS
  販売本数 前週比
初週 1,148,888 -
2週 307,714 27%
3週 116,615 38%
累計 1,573,217 -

 

DQ11 PS4
  販売本数 前週比
初週 950,315 -
2週 200,798 21%
3週 91,147 45%
累計 1,242,260 -

 

DQ11 2機種合計
  販売本数 前週比
初週 2,099,203 -
2週 508,512 24%
3週 207,762 41%
累計 2,815,477 -

※数字は引用 ゲームソフト週間販売ランキング+ - 4Gamer.net

 

機種別に見ると、2週目と違って、3DS版よりPS4版の落ち込みが少なく、少し盛り返した感があります。3DS版は150万本突破です。

 

ちなみに、前々作ドラクエ9(DS)の売れ行きは以下のようなものでした。

 

DQ9 (DS)
  販売本数 前週比
初週 2,343,440 -
2週 612,671 26%
3週 270,305 44%
4週 179,612 66%
5週 135,649 76%
6週 126,682 93%
7週 79,103 62%
8週 71,318 90%
9週 50,063 70%
10週 36,877 74%
累計 3,905,720 -

 

ドラクエ9(DS)は、3週目で累計322万本と、ドラクエ11の3週目累計281万本より、売れていたのですが、前週比を見ると、2週目3週目の落ち込み加減は、ドラクエ11と同じような比率です。つまり、ドラクエ11の落ち込み加減は問題ない状況といえ、販売は好調と言えます。

ただ、ドラクエ9では、4週目以降は、落ち込みが少なく、じわ売れをしていますので、ドラクエ11も同じようにじわ売れすることができるか、注目です。

 

ドラクエ11のダウンロード比率はどれくらい?高い?低い?

f:id:gamedog:20170802171119j:plain

公表されていないダウンロード販売本数

メディアクリエイトファミ通のソフト販売ランキングなどでは、集計はパッケージ版(ディスク版)のみとなっており、ダウンロード数は集計されていません。

また、ソフトメーカーも明確な数字はほとんど公表していません。

ゲームソフトのダウンロード販売は年々増えてきているとも言われていますが、実際はどれくらいの規模なのでしょうか。

 

各メーカーの決算などで、ダウンロード版の全体的な比率を説明している場合があります。

ドラクエやFFを販売しているスクウェアエニックスは、決算資料で、ダウンロード版の販売本数について、説明しています。

 

2016年3月の決算資料によると、2015年度は、国内で、ディスク版428万本、ディスク版+ダウンロード版で511万本なので、ダウンロード版は83万本、ダウンロード比率は、83/511=16.2%となります。欧米では、ディスク版+ダウンロード版が1599万本で、内、ダウンロード版は685万本、ダウンロード比率は、685/1599=42.8%と、国内よりもダウンロード比率が非常に大きくなっています。

 

2017年3月の決算資料では、2016年度は、国内で、ディスク版429万本、ディスク版+ダウンロード版502万本、ダウンロード版73万本なので、ダウンロード比率は、73/502=14.5%です。欧米では、ディスク版+ダウンロード版が2664万本で、内、ダウンロード版は1211万本、ダウンロード比率は、1211/2664=45.5%です。

ダウンロード比率の推移は国内で、2015年度16.2%、2016年度14.5%と、予想とは違って、増えずに、逆に少し減っています。でも、欧米では、予想通り増えているので、今後、国内のダウンロード販売がどう増減するかは注目です。

 

f:id:gamedog:20170817173059j:plain

スクウェアエニックス 2016年3月決算説明会資料

http://www.hd.square-enix.com/jpn/news/pdf/16q4slidesJPN.pdf

f:id:gamedog:20170817173632j:plain

スクウェアエニックス 2017年3月決算説明会資料

http://www.hd.square-enix.com/jpn/news/pdf/17q4slidesJPN.pdf

 

ドラクエ11のダウンロード比率はどれくらい?

国内のダウンロード比率は、スクウェアエニックスでは全体で15%前後のようですが、ドラクエ11のダウンロード比率は何%ぐらいなのでしょうか。

出荷本数と販売実績から、推察したいと思います。

 

スクウェアエニックスは、発売2週目に、ドラクエ11の国内でのパッケージ出荷とダウンロード販売が合計300万本を突破したと発表しました。

 

スクウェアエニックス 2017年8月7日ニュースリリース

http://www.jp.square-enix.com/company/ja/news/pdf/33bd76dcec6987ad76675d362bdf31f7.pdf

 

また、ドラクエ11の初週消化率もメディアクリエイトが発表しています。

「ドラゴンクエストXI」発売2日間で208万本販売 各ハードの販売台数増にも貢献 - ねとらぼ

 

初週消化率は、3DS版が75.63%、PS4版が83.61%でした。初週の販売本数は、3DS版1,148,888本、PS4版950,315本でした。

よって、初週の出荷本数は、3DS版が、1,148,888/0.7563=1,519,090本、PS4版が、950,315/0.8361=1,136,604本と計算できます。

また、1週目の売れ残りの在庫は、3DS版は1,519,090 - 1,148,888 = 370,202本、PS4版は1,136,604 - 950,315 = 186,289本となります。

 

ドラクエ11の2週目の販売本数は、3DS版307,714本、PS4版200,798本でした。

3DS版は1週目の残在庫でも足りますが、PS4版は足りないので、2週目の追加出荷があったのは確実です。

つまり、300万本の内、ダウンロード販売数は、多く見積もって、3,000,000 - 1,519,090 - 1,136,604 - (200,798 - 186,289)=329,797本となります。

 

つまり、ダウンロード比率は、329,797/3,000,000=11.0%となります。

約10分の1がダウンロード版ということになります。

 

実際には、300万本ぴったりでなく、もっと多いでしょうし、2週目に3DS版も追加出荷があったかもしれないし、PS4版も全部売り切れた訳はないでしょうから、数字はあくまでも推定となります。

 

スクウェアエニックス全体の国内ダウンロード比率15%からは、ドラクエ11は11%と少し少ないようです。ドラクエRPGだからクリアしたら売るとか、昔ながらのファンが多いからパッケージ版が多いとかあるのかもしれません。

 

PSVITA後継機の性能、機能を予想!

f:id:gamedog:20170816175402j:plain

PSVITAの後継機は任天堂スイッチへの対抗&PS4連携が鍵

昨日のブログ記事でPSVITA次世代後継機の発売可能性について書きましたが、次世代後継機は発売されるという前提で、その性能、機能を予想したいと思います。

 

gamedog.hatenablog.com

 

VITA次世代機の性能、機能として、確実にあると予想できるのは、「任天堂スイッチへの対抗」と「PS4との連携」です。

まず、「任天堂スイッチへの対抗」ですが、任天堂スイッチはまだ発売半年ですが、前機種Wiiuより販売好調で、消費者に受け入れられていると評価できます。ソニーにとって、当然、任天堂は競争相手なので、対抗しないわけがないでしょう。

次に、「PS4との連携」ですが、PS4は現在全世界で、約6000万台売れており、現世代の据置きハードではトップシェアと絶好調です。それを生かさない手はないでしょう。PS4ユーザーに買ってもらえるような機能をつけるということです。

 

任天堂スイッチに対抗する性能、機能とは

任天堂スイッチへの対抗としては、テレビ出力機能の標準装備が予想されます。

VITAもテレビで遊べるようにとVITATVという別売りも製品がありましたが、ヒットしませんでした。携帯機の画面をテレビに出力する機能は何ら珍しいものではありませんが、別売りの機器や設定が必要になるというだけで、消費者に受け入れられないものです。任天堂スイッチは、その点、非常にシンプルで、好評です。次世代VITAでは、TV出力用のドックなり、ケーブルなりが標準で装備されると思います。

 

グラフィック性能や動作性能は、任天堂スイッチと同程度のレベルになると思います。

PS3以上、PS4以下のレベルです。現在、今までVITAで発売されていたソフトがスイッチでの発売予定になるなどしていますが、当然、取り返したいところです。

 

任天堂スイッチで特徴的なジョイコンでのモーションコントロールやHD振動機能の搭載はないと思います。

モーションコントロールやHD振動などの独特の機能は、任天堂は、その機能を生かしたソフト開発をしますが、サードソフト会社は得意ではありません。ソニーも、そのソフト開発に強みはないと判断するでしょう。

ただ、携帯機の画面からコントローラーは取り外せて、TV出力時に使える機能はあるかもしれません。

 

PS4との連携機能とは

VITAにもPS4との連携機能として、リモートプレイがあります。

もちろん、VITA次世代機にもリモートプレイは、搭載されると思います。

リモートプレイを使えば、任天堂スイッチのように、テレビ画面から離れて、ゲームプレイができて便利ですが、安定したWifi環境が必要と、スイッチの手軽さには及びません。

次世代VITAでは、リモートプレイをさらに進化したものとして、PS4ソフトをリモートでなく、そのまま稼働させる機能がつくのではと予想します。

次世代VITAにPS4のゲームデータとセーブデータをコピーして入れて、Wifi環境がない場所でも、続きから遊べるというものです。

同一アカウント必須で、最初はオンライン認証がいるでしょう。また、ゲームデータの容量の大きさを考えると、本体のデータ保存は無理で、別途のメモリーカードなどが必要かもしれません。(別売りは嫌ですが。)

また、さすがに、PS4の動作性能よりは劣るので、PS4の全てのゲームはプレイできず、一部のゲームに限られるかもしれません。

 

以上、主な機能の予想でした。

今後の情報に要注目です。

 

PlayStation Vita Wi-Fiモデル メタリック・レッド (PCH-2000ZA26)
ソニーインタラクティブエンタテインメント (2016-12-01)
売り上げランキング: 551
PlayStation Vita Wi-Fiモデル グレイシャー・ホワイト(PCH-2000ZA22)
ソニーインタラクティブエンタテインメント (2015-09-17)
売り上げランキング: 521
PlayStation Vita Wi-Fiモデル アクア・ブルー(PCH-2000ZA23)
ソニーインタラクティブエンタテインメント (2015-09-17)
売り上げランキング: 322